2017年度 修学旅行(39期生)

修学旅行の行程

11月4日(土) 11月5日(日) 11月6日(月) 11月7日(火)
  • 羽田空港出発
  • 那覇空港到着
  • ひめゆり資料館
  • 県立平和資料館
  • 平和の礎
  • 民泊の入村式

民泊

終日民泊体験
  • コース別体験学習
  • @カヌー
  • A琉球文化体験
  • B古宇利島
  • Cマリンスポーツ
  • D伊江島サイクリング

カヌチャベイホテル&ヴィラズ泊

  • 首里城
  • 国際通り
  • 那覇空港出発
  • 羽田空港到着

修学旅行1日目

 いよいよ高校時代最大のイベントである修学旅行へ出発です。羽田空港に7時半に集合。朝早かったものの、修学旅行への期待が膨らんでいるためか、生徒たちはみな元気でした。 全員乗り遅れることなく、二便に分かれて出発。
 那覇に着くと天候は曇り。今シーズン一番の寒さでした。半袖ではちょっと厳しいくらいの陽気です。

 1日目は主に平和学習。まずひめゆり資料館へ。同年代の少女たちのたどった運命を係員の方からうかがい、生徒たちは神妙な面持ちで手を合わせていました。


平和の礎では、戦争で亡くなった方々の名前を記した記念碑を見て、改めて犠牲者の数の多さを実感していたようです。


平和の広場や、平和祈念公園も訪れ、1日目の平和学習を終えました。


 夕刻になり、民泊体験の地へ。入村式では、どのような家庭にお世話になるのか、生徒たちは緊張と期待の入り交じった表情でした。
 入村式後、班ごとに各家庭へ。沖縄の民家でそれぞれの夜を過ごし、自分たちなりの思い出を紡いだようです。



修学旅行2日目

 二日目は全日民泊体験のため教員は、おきなわワールド、大渡海岸に行き、遭遇したご家庭と生徒の写真を撮らせていただきました。


 生徒から少し話を聞いたところ、美味しいご飯一緒に作ったり、三線を教えてもらったり、おきなわワールドにエイサーを観に連れて行ってもらったり、 大渡海岸に連れて行ってもらったり(引き潮による水たまりに小魚が残され観察できる)、生徒は大満足の様子でした。



修学旅行3日目

 三日目の朝は離村式。二泊お世話になったそれぞれの家庭に別れを告げて、体験学習へ。
 生徒は自分の選んだコースを体験します。天候は晴れときどき曇り。風が強くマリンスポーツができるかどうか不安でしたが、 予定通りおこなわれました。もっとも懸念されたシュノーケルも予定通り。
 他のコースもすべて問題なく、行程通りにおこなわれました。下の写真の左は離村式、真ん中と右は写真はカヌー体験です。


修学旅行4日目

 予定通りに首里城、国際通りを回り、那覇空港から出発。全員無事に羽田空港に到着しました。最終日の詳細は近日中にご報告する予定です。