校章の由来

 校 旗

 校 歌


 「気力・体力・学力」の調和的充実と明るい豊かな人間性の育成を期する」場として、二宮高校の自然的環境を具象化した校章です。「高」の横二本線は地名の「二宮」をあらわすと同時に、なだらかな淘綾丘陵をも象っている。
 「高」の上にある三山は、中央に富士山、左に箱根連山、右は大山連峰象ったもので、どっしりと根をすえ限りなく高く伸びることをまた、下の波紋は高く湧き立つ相模湾 "袖ヶ浦"に寄せる波であり、広く雄大な気風を希求している。円形は、学園の調和と広く地域社会との連帯感を持って、発展することを願っている。